赤羽

2014年01月20日

年末のことである。
俺は六本木シティーにある情報テクノロジー産業の会社で働いているのだが、年末年始にもかかわらず仕事をしなければいけない時があった。
運悪く急な仕事が入ってしまったので、もともと入っていた遊ぶ予定をキャンセルさせてもらい、作業をした。
わりと早く終わったのでどっか呑みにいくかーと思っていたらゲットアップボーイから連絡があり、赤羽で呑むことになった。

指定された場所に着くとそこは丸健水産。
おでん屋さんである。
もともと立ち飲みはやっていなかったそうだが、今の代のご主人から始めたそうだ。

画像1


ゲットアップボーイと愉快な酒呑み達はすでにおっぱじめていた。
並んで買って席につく方式なので並んでおでん数種類とマルカップを買った。お店の人の暗算の勢いがすごかった。人を殺せそうなほど勢いよく数字を読み上げていた。
そして乾杯。
ゲットアップボーイの同僚の女性がすごい勢いで酒を飲んでいてすごかった。男らしかった。
はんぺんも頼んだのだが、はんぺんは注文が入ってから汁に漬けるので、少し時間を置いてから受け取った。
おでんうまい最高。

画像1


マルカップが残り50cc近くになったところでお店に持っていくと出汁を入れて七味をふった出汁割にしてくれる。これが最高にうまい。

画像1


このあとおでんとマルカップをおかわりして終了。
前日に飲み過ぎたダメージであまり食べられなかったのでまた近いうちに来たい。

このあといこいに行ったり道で派手に転んで出血したり餃子を食べたりして楽しかった。プリクラも撮った。

転んだ時の手の傷がやっと治ったのでよかった。

つい先ほど赤羽でよく呑むという同僚女に丸健水産のことについて話したのだが、あそこで満足してるやつは二流だと言われてヒールで踏みつけられてしまった。赤羽もっと探検したい。

あとホッピー飲んでたら、赤ホッピーって知ってる?って言われて知らなくて、調べてみたら55ホッピーのことだった。知らなかったー。のんだことなーい。くやしーい。

失恋ショコラティエの入浴シーンを見ながらホッピー飲んで気を紛らわせることにする。

ビッチの生態を観察しながら呑む酒は最高にうまい。













fushigiproject at 19:25コメント(0)
ギャラリー
  • おかやん(中野)
  • おかやん(中野)
  • 秋元屋(野方)
  • 秋元屋(野方)
  • 晩杯屋(中目黒)
  • 晩杯屋(中目黒)
  • 晩杯屋(中目黒)
  • 路上
  • 路上
  • ライブドアブログ