浅草橋

2014年03月04日

記憶があまりないのだが、ここで僕はたしかに食べたし飲んだ。
幸運なことに写真が残っていた。

むつみ屋を出た僕たちは西口やきとんに向かった。

入れないかもーと思ったほど混雑していたが、ちょうどお客さんが出るタイミングだったので、どうにか入れ替わりに入ることができた。
この店にはホイスがある。迷わずたのんだ。

それから何杯飲んで何を話したのかほとんど覚えていないが、ちゃんと帰れたし、楽しかった。

おもしろかったのが、生姜を未開封で渡されたこと。

画像1


あとはこんなかんじのものを食べていたらしいです。

画像1


噂に聞いたところによると、ブログで上記写真のように女性の手が写り込んでいることによって、僕に彼女ができたと思った友人がいるようだという話を聞きましたが、私はこの通り強風の日にスカートがめくり上がるのを期待し続けるような生活を送っていますし、どうぞ多摩川に沈めて来世の幸せを祈っていただきたいようなかんじですし、まぁなんていうかそれでもやっぱり生きたいみたいなかんじの日々を送っていますので、そのようなお相手はおりません。大変失礼しました。

それでは浅草橋三部作を終了させていただきます。





fushigiproject at 22:28コメント(0)

2014年02月28日

江戸政の焼き鳥を食べながら花見の練習をしたのち、浅草橋に移動した。

優秀な酒飲みの友人がピックアップした酒場を眺めてむつみ屋というお店が良さそうだったのでそこに向かった。

店の前に着いたとたん、全員写真を撮り始めた。
この外観はテンションが上がるよね。

画像1


店に入ると7割ほどの入りだったが、あとあと地下もあることに気づいた。もしかしたらけっこう入るのかもしれない。

体が冷えきっていたし、準備運動も済ませてあったので熱燗をいただいた。
お通しはポテトサラダ。よくある胡椒かけまくって味をごまかしたやつではなくちゃんとしたポテトサラダだった。なつかしいかんじのやつ。

メニューを眺めると馬刺し推しのお店のようだったが、とりあえずしめ鯖などをいただく。
おいしかった。

画像1


このあと玉子焼きなどを食べたような気がするが、記憶が曖昧だ…。

そしてこれはちゃんと撮り忘れなかったらしい。
とても美味しかった!馬刺し!
次来たらさくら鍋も食べたい。

画像1


これでたしかおわりだった気が。
けっこう飲んだ気がする。覚えていない。

どんな話をしたかまったく思い出せないが、また会って同じ話をすればいいか。
そしてまた忘れてまた同じ話をして、私たちは永遠に抜けられないループの中へ。

それでも僕たちは前に進まなくてはならない。

次の店に向かった。




fushigiproject at 00:05コメント(0)
ギャラリー
  • おかやん(中野)
  • おかやん(中野)
  • 秋元屋(野方)
  • 秋元屋(野方)
  • 晩杯屋(中目黒)
  • 晩杯屋(中目黒)
  • 晩杯屋(中目黒)
  • 路上
  • 路上
  • ライブドアブログ