祐天寺

2013年11月29日

またばんかよ。
そう思うだろう。
そうなんだ、ばんなんだ。

先ほどまで六本木ヒルズの洒落た空間で洒落た酒を飲みながら洒落た音楽を聴き、綺麗な女性を眺めていた。
本当に綺麗な女性ばかりだったんだ、嘘じゃない。
本当になんなんだろう、どうしたらいいかわからない。
でんぐり返ししたい気分だ。

そんなわけでばんにきた。
なにが"そんなわけで"なのかは俺にもわからない。

今日は金曜ロードショーでおもいでぽろぽろだ。
思い出はポロポロしすぎる。すぐに忘れる。忘れていい。なにがそんなに嬉しいのか、楽しいのか、悲しいのか、悔しいのか。今日は金曜日だ。

あったかくなりたかったのでとんび汁豆腐を頼んだ。
うまい。あったかい。ポカポカするよぉ〜。

僕の後ろで女の子2人組が恋の話をしている。
耳を傾けた。
そこにはただつらい現実があった。
振り向かず、顔を見ることのないまま帰ろうと思った。

そういえば最近は本当に自分の中の異性観がゆがんできていて、とても綺麗な女の子が黄ばんだバッグを身につけていたり、ブサイクな女の子がとても可愛い洋服をきていたりするといいなと思ってしまう。凹と凸がうまくはまって快感が生まれる、美しいと思ってしまう。
huluでSPECを見たのだが、戸田恵梨香がかわいい。
かわいいのに息が餃子くさいという役なのだがマジで最高だ。

まぁ、そんなわけで今日の会計は1120円だった。

どうもごちそうさまでした。

明日は忘年会である。思いっきりこの一年を忘れよう。もうすでに何があったかけっこうわすれているのだが。いいこともいやなこともたくさんあったと思う。

とても素晴らしい一年だった。

しらんけど。




fushigiproject at 22:26コメント(0)

2013年10月25日

あーマジ雨。憂鬱だ。
憂鬱という字はカッコいい、本物ってかんじがする。

台風が来てるということで祐天寺のばんに行った。
特にそこに因果関係はないが、台風が来てるので行かなければ、という使命感に似た何かが俺の中でふつふつとわきあがったのだ。

使命感を背負ってきたからにはとことん飲む。
ホイスをたのんだ。ホイスが何かはググって、ググッときてほしい。
概要を説明すると、茶色い液体だ。茶色い液体を飲んだ、俺は。

まいうーー、濃い!

画像1


次にイナダの刺身を頼んだ。
イナダは完全に名前の語感で選んだ。イナダってなんだ。帰ってググろう。
うまかった。特にこれといった表現は見つからないがうまかった。

画像1


次にハムカツを頼んだ。
俺が若者らしくあるために頼んだ。
ハムカツを頼んだ俺は確かに若者だった。
ソースをかけすぎたあたりも若者だった。
僕はばんのハムカツがいちばん好きだ。

画像1


ホイスのなかをおかわりして、今日はこれで打ち止めだ。

結局たいして飲まなかった。
ホイスおいしかった。

今日はずっとこの曲を聴いていた。
きっと帰りはびしょ濡れだろう。ぬれぬれのヌルヌル野郎になりたいが、それは当分先のようだ。
しょぼいバーでこの曲を聴きながら飲みたい。
壇蜜スタンプの有効期限がせまっている。君なしでは生きられない。



fushigiproject at 21:27コメント(0)
ギャラリー
  • おかやん(中野)
  • おかやん(中野)
  • 秋元屋(野方)
  • 秋元屋(野方)
  • 晩杯屋(中目黒)
  • 晩杯屋(中目黒)
  • 晩杯屋(中目黒)
  • 路上
  • 路上
  • ライブドアブログ